思考力

服装自由の説明会や面接は何を着れば良いか?

服装自由の説明会や面接ってマジで服装自由なの?

と、疑問に思う人も多いのではないでしょうか?

初めに答えを言ってしまうとマジで服装自由です。

ただし、最低限のマナーや業種別にある程度の範囲は決まっていますので十分に注意してください。

ですので、正確には決められた範囲内で自由が許されるといったところでしょう。

説明会の場合

選考が始まっていない説明会の段階ではワル目立ちしなければ何でも良いです。

例えばチノパンにネルシャツはどうでしょうか?

ネルシャツにパンツ

どの業界でも問題ありません。この服装がダメな理由が見つかりません。

上下スウェットやジャージはどうでしょうか?

ジャージ

基本的にNGです。ビジネスに適した服装とは言えません。

暴走族のような特攻服はどうでしょうか?

暴走族

絶対NGです。気合が入っていることは伝わりますが怖がられます。

この章の冒頭で言ったワル目立ちしないことがキーポイントです。

「説明会」と言えども選考は始まっています。もっと言えば申し込み時点から選考は始まっています。

皆さんが採用する側の場合を考えてみましょう。

説明会と言えども暴走族のような格好できた学生をどう思いますか?

怖かったり、非常識だと正直なところ思いませんか?そして、そのことを上司に共有しませんか?

説明会は大抵受付で学校名や名前を言って出欠確認をするので、一人ひとりの顔までは覚えられませんが、ワル目立ちする学生は覚えられるものです。

もちろん悪い意味で・・・

業界別服装自由の場合の適した服装

銀行の場合

スーツ

スーツが無難です。ですが、チノパンにシャツも問題ありません。

最低限ポロシャツなど襟のついた服装をするとカチッと見えますので襟付きを選ぶと良いでしょう。

色はブラックやネイビーやグレートなどの落ち着いた色がお勧めです。

某お笑い芸人のように全身赤のスーツは避けた方が良いでしょう。銀行に口座開設にいって着いた担当者が真っ赤なスーツだとびっくりしませんか?

アパレル業界の場合

私服が良いです。スーツよりも私服をお勧めします。

ベストな選択肢はその会社のブランドを着ることですが着ていなくても問題ありません。正直なところ自社の服を過去のシーズン物まですべて覚えている人はなかなかいませんから。

学生の本心としては第2、第3希望の会社の説明会にも参加するはずですから都度その会社の洋服を購入することまでしなくて良いですよ。就活は交通費や食費など何かとお金がかかってしまいますから。

IT業界の場合

こちらも私服が良いですね。知り合いにIT業界の人が結構いますが仕事の日の夜に会っても大抵は私服です。

時々スーツの時もありますが、それは大きな会社の偉い方に会う時や融資の時などに限られているそうです。なので「スーツ着ると違和感あるわ~」って毎度言っています。

正解は、その会社で働いた時に適した服装をすること

これまでの解説や例を取り上げましたので理解いただけたのではないでしょうか。

正解は、その企業で働いていて違和感がない服装がベストです。

例えば私の本業の会社の説明会も面接も服装の指定はありません。

男性はスーツで来社する方がほとんどですが、女性の場合はスーツと私服が五分五分といったところでしょうか。

別に男性も女性もスーツでなくても問題ありません。

会社で働くときに違和感ない格好をしてもらえれば良いです。私の本業はシェアオフィスの運営ですが、オフィスカジュアルでしたら問題ありません。

さすがに短パンやTシャツはNGですがね。

ABOUT ME
タカナベ
ある時は会社員。またある時はFラン就活生の支援を行う。 29歳の頃に出身大学でキャリアに関する授業を行い、学生の意識を変える人が必要と実感。人事業務の経験から自ら行うことを決意。 グリーンホーネットやキックアスのように表の顔と裏の顔を持つ生き方に憧れている。
関連記事