思考力

締切を守れない人は一発で仕事を失う

締切を守る

みなさんは友達との遊びの約束や彼氏、彼女とのデートの待ち合わせには時間通り到着しますか?

例えば13時に待ち合わせする場合はどれに当てはまりますか?

A.余裕を持って5分以上前に到着しておく

B.13時ちょうどに到着する

C.いつも5分くらい遅れて到着する

このブログを読んでくださるみなさんはいい大人ですのでAの5分以上前に到着するように心がけてくださいね。

待ち合わせ時間以外にも締切を守ることは当たり前ですよね?

これは学生でも当たり前のように理解いただいていることだと思います。

テストなら時間制限があるのでそれまでに回答を記入しなければいけません。

レポートなら●日の●●時までに教授に提出をしたり、指定のアドレスにメール提出をしなければいけません。そうしなければ単位を落としてしまい留年してしまいますから。

テストやレポートを当たり前のように締め切りを守っていることと思います。

このブログは就活をテーマに書いているので卒業が危うい人がそもそも読んでいないですから。

しかし、社会人になってからわかったのですが、社会人って締切を守らない人が意外と多いのです。

就活ではエントリーシートの締切を決めたり面接の時間を指定しているにも関わらずいざ、自分の番になると意外とルーズな人が多いことがわかりました。

約束の時間に平気で遅刻する人

私の本業の仕事ではお客様を招いて商談をすることがあります。週に大体10組程とお会いしますがそのうちの2~3名は約束の時間に現れません。約5人に1人です。

理由は様々ありますがざっとこんな感じです。

A.電車が遅延したから

B.前の用事が長引いたから

C.外せない仕事が入ったから

大事な仕事に相手が時間を守らなかったらみなさんはどのように感じますか?

私はこんなことを思います。

A.電車が遅延したから

電車が必ず時間通りに到着する保証はありません。それを見越して余裕を持って出発するのが社会人の務めです。

B.前の用事が長引いたから

こちらにはそんな都合一切関係ありません。次の用事に合わせて早く切り上げるなりしてください。では、遅れた分は私の商談も遅れた時間分後ろにずれてもいいのでしょうか。

C.外せない仕事が入ったから

もともと入っていたこちらの商談はあまり優先度が高くないってことがよくわかりました。我々もあなたとの取引を考えさせてもらいます。

※基本的に一度の遅れで一切の取引をしないということはありませんが、相手の態度が横暴だったりあまりにも失礼な場合には取引をやめさせてもらうこともあります。

舐められたもんだなあ・・・って思って少しでも取引したくないと思ったら取引しませんね。残念ながらあなたが蒔いた種なので仕方ないと納得してください。

もしも逆の立場なら遅刻をする人数はグッと下がると思います。

逆の立場とは私の会社を相手に営業をかけてくる場合です。自分の商品やサービスを売り込みに動いているのに遅刻をしたら絶対信用を無くしますからね。

面接やその他の選考も締め切りは死ぬ気で守れ!

社会人でも時間を守れない人がいるから学生も守らなくていいわけではありません。

エントリーシートや面接などの選考に関わる時間は絶対に守ってください。エントリーシートは締め切りを過ぎると一切受け付けてくれませんし、面接は受けさせてくれなかったり受けることはできても遅刻を理由に選考落ちや不合格が確定はしないまでも大幅な原点対象となることは十分にあります。

ちなみに私の本業の会社でも実際にありました。面接を受けに来た方は誰もが知っている大学を卒業し、その後も立派な仕事をされていた方です。書類選考も否のつけようがないほどバッチリでした。しかし、面接当日に時間になっても現れなかったのです。10分ほど遅れて到着しました。

私はその方に「なぜ遅れてしまったのですか?」と聞きました。

「電車が遅れてまして。。。」

その瞬間私は不合格を確定しました。

日常的に電車の遅延を頭に入れておく

先ほども書いてありますが、電車が時間通りに必ず到着することは保証されていません。天候や混雑したことで遅延するこは日常茶飯事です。

ですので数本前の電車に乗って調整しましょう。早くついてしまった場合は身だしなみを整えたり選考に向けて頭の中を整理する時間に使えますので早く着いたからと言って無駄になることはないでしょう。下記の記事で早めについてしまった時のベストな行動や気を付けていても遅れてしまった場合の行動を書いてありますので合わせてご覧ください。

面接は何分前に到着するのが正解?ベストな時間から遅刻の対処法も解説

仕事の締切を守ること

仕事には必ず締めきりがあります。ですので大抵の方は締切から逆算して仕事を進めます。

例えば、このような仕事を受けたとします。その場合、下記のようなスケジュールで進めます。
仕事内容:イラスト制作
納品日(締切):7月10日が納期(今日が7月1日)

7月3日までに下書きを完成させる

7月5日までに色付けなど本仕上げをする

7月7日までに最終チェックをする

7月8日中に発送する(到着まで1~2日と想定して)

7月10日までにはお客さんの手元に届くようにする

 

大学なら願書の提出日を過ぎたら受験できません。

電車なら発車時刻を過ぎたら乗車できません。(駆け込み乗車は危険なので絶対にやめてましょう。)

少しの遅れに対して、ちょっと待ってくれてもいいじゃん、と自己中心的な発言をする人もいる

でも、この世は自分だけの世界ではありません。

何事にも相手がいます。相手の都合があります。

大学入試は受験会場やスタッフの手配が必要です。

電車は定刻に出発しなければ後続や乗り換えなど他の電車に迷惑がかかります。あなた以外の乗客にも迷惑がかかります。

定刻通りに出発しない電車に乗りたいと思いますか?一人の遅れて乗客したい人のために出発時間を守らない電車には乗りたくありませんよね。その電車は信頼を失って乗客がいなくなります。

納期を守れなかったら頭を下げるだけで済むだろうか?

手に入るはずの物が入らなかったら相手の仕事に支障がでて迷惑がかかります。

例えばレストランだったら食品供給会社から食材が手に入らなかったら調理ができなくて楽しみに来店したお客様が食べられません。

 

最終的に一人だけの世界じゃないという話に自己中に対する警告となってしまいましたが、言いたいことは何が何でも時間を守りましょう。守れない人は仕事を失うという話です。

ABOUT ME
タカナベ
ある時は会社員。またある時はFラン就活生の支援を行う。 29歳の頃に出身大学でキャリアに関する授業を行い、学生の意識を変える人が必要と実感。人事業務の経験から自ら行うことを決意。 グリーンホーネットやキックアスのように表の顔と裏の顔を持つ生き方に憧れている。
関連記事