思考力

内定へのルートは就活サイトだけではない

色々あるルート

就活を始めるあたってほとんどの人が行うことは「●●ナビ」のような就活サイトに登録することです。

ある時期を迎えると求人情報が多数公開されて、全国の学生がスタートラインに立ち一斉に応募を始めます。

①就活サイトに登録

②履歴書・エントリーシートを送る

③グループディスカッション受ける

④面接受ける

⑤内定もらう

上記は王道の就活ルートです。

ただし、あくまでも王道です。

もっと他のルートがあるのではないか?と考えてみましょう!

例えば、「コネ入社」って言葉を聞いたことはありませんか?

略さず言うと「コネクション入社」です。別名では縁故採用やリファラル採用やリファラルリクルーティングとも言います。

いわゆる会社に家族や友人がいたりなど何らかの繋がりをきっかけに入社することです。

一例を挙げてみましたが王道のルート以外にも多数あります。

そこで今回は、一般的な就活サイト以外のルートで内定を勝ち取る方法をお伝えします。

よく、就活は恋愛と同じだと言われます。

好きな人への告白の手段って現代ではたくさんありますよね?

手紙、電話、メール、LINE、直接など。

同じく就活でもアプローチの方法はたくさんあるのです。

たくさんある就活のルート

今回紹介するのは、「①就活サイトに登録」の他の方法です。
※たくさんある就活サイトについてはこちらの記事をご覧ください。
就活するなら登録すべき就活サイトまとめ

春頃になると「就活解禁!!」というニュースをよく見かけますが、あれって経団連に加盟している企業を指しているので、加盟していない企業は年中採用を行っております。

ですので、全部の企業が一斉によーいドンッ!!ではないんですよね。

企業の採用ページ

企業のHPを見ると採用ページを用意していることもあります。

例:株式会社LIG

丁寧に採用情報専用のサイトがあることもあります。

例:講談社

紹介

すでに先述しているコネ入社です。家族の紹介、先輩の紹介、既に働いている友人の紹介などがあります。

バイトから社員へ

社員や店長からしたら優秀なバイトには社員になってもらいたいですよね。チェーンの飲食店などでは採用権が店長にありますので、店長が気に入ればすぐに採用されます。

またはバイトで長いこと顔合わせていたら先輩や上司から推薦をもらえることもあります。ただし、採用スケジュールに沿った選考を必須とする場合もあります。

インターンから社員へ

前項のバイトと似ています。

単にインターンシップへ参加するだけではなく、顔を売ったり、実力を認められれば即内定なんてこともあり得ます。

めっちゃ優秀な人には他所へ行ってほしくないですからね。

引き抜き

こちらは中途ではよくあることです。ヘッドハンティングと呼ばれることが多いですね。

新卒採用では聞いたことはありませんが、可能性は0ではありません。

あなたが洋服屋さんでアルバイトをしていてめちゃめちゃカリスマだとします。あなたを採用したら会社の知名度も売上も上がると考えます。
それならぜひ入社して欲しいと思いますよね。

飲み会で知り合った会社へ転職

紹介や引き抜きと少し被ります。

交流会やたまたま飲み屋で知り合った人が社長や人事権を持っていて、意気投合してあなたがその人達に魅力的に映ったら入社のチャンスはありますよね。

実際に福岡にある自動車教習所では、合コンで採用活動を行っていたりもします。

まとめ

以上、王道の就活サイトですること以外の採用ルートをご紹介しました。

大手の求人サイトでは1シーズンで80万円の掲載料が発生します。

80万円というと大金ですよね。なので掲載料を中々出しずらい企業も世の中には多数存在します。

実際に私が勤めている企業では掲載料がすべてではありませんが、新卒サイトには掲載をしておりません。

このように掲載をしていない企業もありますので、就活サイトにすべての企業情報があるわけではありません。希望する仕事や業界の研究を深くしっかりと行い、ピンとくる企業に出会えることを願っております。

もちろん就活サイトに掲載されていない企業を見つけることは大変ではありますが、その分競争率が低いかもしれませんよ!!

ABOUT ME
タカナベ
ある時は会社員。またある時はFラン就活生の支援を行う。 29歳の頃に出身大学でキャリアに関する授業を行い、学生の意識を変える人が必要と実感。人事業務の経験から自ら行うことを決意。 グリーンホーネットやキックアスのように表の顔と裏の顔を持つ生き方に憧れている。
関連記事